売却額が借入額を下回ったら売却できないのか?|伊勢崎市 みどり市 桐生市の不動産買取・仲介・事業用賃貸ならワイズフロンティアへ

お電話でのお問合せ

0270-61-5975

【営業時間】9:30~18:00 【定休日】第2、第4土曜日、日曜日

物件種別から探す

店舗情報

有限会社ワイズフロンティア

有限会社ワイズフロンティア

〒372-0014

伊勢崎市昭和町1番地

0270-61-5975

0270-61-5976

9:30~18:00

第2、第4土曜日、日曜日

伊勢崎市、みどり市、桐生市の不動産買取、仲介、事業用賃貸はワイズフロンティアへ

会社概要

売却額が借入額を下回ったら売却できないのか?

売却額が借入額(残債務)を下回ったら売却できないのか・・・売却する事は可能です。

例えば、築10年 残債務2000万円 不動産業者の査定額1600万円といったケース
上記ケースは、通常で言えば売却する事はできません。
理由は、金融機関の抵当権を消すことができないからです。

しかし、金融機関と折衝する事で売却する事が可能になります。これを「任意売却」と言います。

任意売却の特徴として通常売却に掛かる費用は売却できた時に支払う必要がありますが、売却金額から捻出するようにして売却をしていく為、負担がない状況で進める事ができます。その他、折衝により引っ越しをする費用なども捻出する事も可能となります。

では、残りの残債400万円分はどうなるのか・・・・?これは金融機関と売主さんとの間で取り決めをして毎月少しづつ返済をしていくのが一般な流れです。

メリットばかりを記載しましたが、当然デメリットもあります。
デメリットは、暫くの間ローンを組んだり・クレジットカードを持つことが困難になる事です。

これが最大のデメリットになります。

しかし、ローン支払いで苦しい思いをされているなら検討する余地はあるのでは思います。

ページの先頭へ